ガンジダに感染してしまった
カンジダ症は主に女性に多い感染症の一つですが、男性にも感染する可能性が十分にあると言われています。特に男性は症状が現れにくく、パートナー女性にうつす確率もあります。カンジダ症について中心的に情報発信していきます。
目次

カンジダと聞くと女性がかかりやすい病気というイメージがありますが、実際には性別に関係なく発症する可能性があるため、男性でももちろん発症します。
女性と違って男性がカンジダに感染した場合は患部の異常も気づきやすく、清潔に保ちやすい環境にあるため重症化することは多くありません。
女医それでも油断して放置していれば重症化して辛い思いをしてしまう可能性もあるので、気付いたらすぐに治療を始めることが大切です。

軽い症状で早く治してしまうためには、早期発見が欠かせません。
ただ、男性の場合はカンジダに罹患するという印象が薄いために詳しく特徴を知らない人も多く、悪化させてしまうことも多いです。
早期発見するためにも、男性のカンジダについて症状や治療法など詳しい情報を知っておくようにしましょう。

男性のカンジダの症状とは

女性の場合は性器が体の内側に存在しているため、カンジダを発症してもなかなか気づくことができません。
一方で男性の場合は性器が体の外側にあるため、何らかの異常が発生してもすぐに気付くことができます。
しかも体外にあることで通気性もかなり良く、毎日お風呂に入ってごく普通に身だしなみに気を付けているような場合は発症することはほとんどありません。

カンジダを発症させる原因菌は、男女に関係なく私たちの身体の至るところに存在している常在菌の一種です。
これが免疫力の低下などで増殖して暴れ始めることで、カンジダという病気を引き起こしてしまいます。
免疫力が十分にある人ならカンジダ菌を持っていても問題なく生活することができるのですが、風邪をひくなどして免疫力が崩れてしまうと発症の可能性があるということを知っておきましょう。

何らかの原因によって男性の性器にカンジダ菌が付着してしまった場合、性器にかゆみや発疹、赤みやただれなど様々な症状が現れます。
この他、人によっては鈍い痛みや白っぽいカスのようなものが出ることもあります。
どの症状が現れるかは個人差が大きいのですが、かゆみは発症する人が多いので代表的な症状です。

カンジダだと分かりやすい症状としては、やはり白いカスが挙げられます。
通常、男性の性器は外部に晒されているため通気性が非常に良く、雑菌が繁殖しやすい環境にはありません。
普通にお風呂に入っていれば垢などが溜まることはあまりなく、ましてや白っぽいゴミのようなカスが付くこともありません。
それにも関わらず白いカスが出てくる場合、カンジダを疑った方が良いでしょう。

また、男性の場合は患部に痛みを感じることはほとんどないのですが、中には鈍い痛みを感じる人もいます。
このような場合、カンジダ菌の影響で性器の皮膚に炎症を引き起こしている可能性が高いです。
炎症が起きてしまうと皮膚にダメージが蓄積してしまい、肌の保護機能などが低下することでちょっとした刺激でも皮膚が切れたり裂けたりして傷になってしまう危険性もあります。
普段通りに生活しているだけでもケガをして激しい痛みへと悪化させてしまうこともあるので、注意しておきましょう。

上記のような症状はあくまでも初期症状であり、この段階で治療を始めれば軽いまま完治させることもできます。
もともとカンジダ菌が繁殖しやすい環境ではないので、発症したとしても軽い症状で済む人も多いです。
自覚症状が何も出ないまま治ってしまうケースも多いのですが、だからと言って放置しておいて良いわけでもありません。

カンジダを放置した場合

放置していると、当然ですが症状はどんどん悪化していくこともあります。
悪化すれば炎症などが強くなってしまい、治りにくくなるだけでなく膿が出たり腫れが出てしまうこともあります。
特に包茎の人は性器が蒸れたり綺麗に洗うことができないので不衛生になりやすく、カンジダを発症する人が多いです。

カンジダ菌は高温多湿の環境を好むため、包茎の人はカンジダが発症しては治るというサイクルを繰り返し、どんどん状態が悪くなって悪化しやすく治りにくくなってしまいます。
このような場合は、包茎手術を行って根本的な解決を目指すこともあります。

また、男性のカンジダの場合は稀にカンジダ菌が尿道の方へ侵入することで、尿道炎という別の病気を引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。
尿道の中も高温多湿なので、カンジダ菌が好んで繁殖しやすい状環境にあります。
尿道炎になると排尿する度に痛みを感じてしまうため、非常に厄介です。
カンジダ菌が繁殖しないように、衛生面にはくれぐれも注意しておくようにしましょう。

このように、男性のカンジダはかゆみや痛み、炎症や白いカスなど様々な症状が現れます。
カンジダ以外の病気でも出やすい症状なので見極めるのは難しいですが、このような症状があるということを覚えておいてください。

男性のカンジダの治療法について

男性がカンジダになってしまった場合、環境的にカンジダ菌が繁殖しにくいため自然に治っていくことも多いですが油断は禁物です。
カンジダ菌のイメージ放置していると悪化して炎症が酷くなったり、なかなか治らなくなってしまう可能性もあるため、できる早く治療を開始する必要があります。

治療を行うためには、まずその症状が間違いなくカンジダによるものなのかを検査しなければなりません。
万が一カンジダでないのに治療をしても意味はありませんし、本来の病気を悪化させてしまう危険性もあります。
このため、もしかしたらカンジダかもと気付いた段階で専門の病院へ行って検査するようにしましょう。

カンジダを治療する病院は何科?

男性のカンジダの場合、泌尿器科が主な診療科になります。
最近は性病専門の性病科などもありますが、カンジダは厳密にいえば性病とは言い切れないので泌尿器科でももちろん問題ありません。
検査を行う場合、まず性器にある溝や周辺から分泌されている物質を綿棒などで採取します。
ここで採取された分泌物を培養し、どんな雑菌が繁殖しているかをチェックします。

培養せずに顕微鏡で医師が分泌物を目視して診断するケースもあり、どの検査方法を採用しているかは病院によって異なるので事前に確認しておきましょう。
顕微鏡で診断してくれる病院の方が、培養にかける時間が必要ないので、診察に行ったその場ですぐに診断結果を教えてくれます。
忙しくて病院に行く時間がなかなか取れないような人は、顕微鏡検査に対応している病院を選んだ方が良いでしょう。

カンジダの治療薬はどんなの?

実際にカンジダに罹患していることがハッキリしたら、次は治療が始められます。
抗菌成分が配合された軟膏やクリームなどの外用薬を用いて行う治療が一般的で、患部に直接塗布していくと次第に症状が落ち着いていきます。
ただ、カンジダ菌の繁殖が性器の表面に留まらず、尿道など体内にまで入り込んでしまっている場合は外用薬では効果がありません。
体内に侵入した雑菌には抗生物質などの内服薬が必要になるため、毎日決まった時間に服用する必要があります。
具体的にはエンペシドやフォルカン(ジフルカンジェネリック)などがあります。

治療薬を用いる場合は、ほとんど1週間程度の使用で効果を得ることができます。
中には1週間かからずに症状が治まってしまう人もいますが、表面上治まったように見えても実はまだカンジダ菌がしぶとく活動している可能性もあるので注意が必要です。
自己判断で途中で服用を止めてしまったりすると、より強力になったカンジダ菌が再び活性化して再発してしまう危険性もあります。
自分で勝手に薬を止めてしまうのではなく、医師に完治を宣言されるまでは根気強く使用するようにしましょう。

カンジダの治療薬と同時に重要なこと

治療薬の使用と同時に、患部を清潔に保つことも非常に重要です。
カンジダはかゆみが発生することが多いのですが、かゆいからと言って掻きむしってしまえば炎症を悪化させてしまいます。
かゆみを感じた場合は、かゆみ止めの軟膏などを医師に処方してもらい、できるだけ手を触れないようにしましょう。

お風呂に入る際にも、ボディソープなどで洗いすぎてしまうと逆に肌に刺激となり、症状が悪化してしまう可能性もあります。
性器をお湯につけて優しく指で洗うだけでも十分に清潔になるので、くれぐれも力を込めて洗ったりしないで下さい。
包茎になっている場合は、皮をしっかりと剥いて内部まで洗うことが大切です。
ボディソープを付けないとどうしても綺麗になった気がしないという人は、できるだけ刺激を少なくするために、赤ちゃん用の肌に優しいタイプを使うと良いでしょう。

また、カンジダ菌が増殖するのは身体の免疫力が弱っていることも原因の一つです。
このため、治療を始めると同時に体力を回復させるよう、たっぷりと睡眠をとったり栄養バランスの良い食事を摂るなど生活面にも気を配るようにしましょう。
免疫力が高まればカンジダ菌の活動を抑えることができるので、治療のサポートとしても効果的です。

男性のカンジダの感染経路とは?

カンジダと聞くと性病をイメージする人が多いのですが、実際にはカンジダを発症するケースの90%は特別な感染経路のない自己感染によって発症しています。
カンジダ菌は私たちの身体の様々な場所に存在している常在菌であり、感染経路がなくても発症してしまう可能性は誰にでもあると言えます。

普段は免疫力の働きによって、カンジダ菌の増殖が抑えられているために悪さをすることはありません。
しかし何らかの原因で免疫力が低下すると、カンジダ菌を抑え込むことができずに様々な症状を性器に発症してしまうことになります。
免疫力の低下は睡眠不足やストレスなど、日常生活のちょっとした不調の積み重ねでも簡単に引き起こされてしまうため、風邪などを引いていなくても低下してしまう可能性は十分にあります。

免疫力の低下以外に、抗生物質の服用も自己感染してしまう原因になるため注意が必要です。
私たちは何らかの感染症にかかった場合、ウィルスや細菌を体内から駆除するために抗生物質が使用します。
抗生物質には菌の増殖を抑えて症状を緩和させる効果があるのですが、この過程で免疫力の維持に必要な善玉菌まで駆除してしまいます。

善玉菌の数が減ると免疫力が低下するばかりかカンジダ菌などの悪玉菌の数が増えてしまい、カンジダの発症を止めることができません。
もちろん感染症の治療のためには抗生物質の服用が必要不可欠なのですが、それが発症の経路になってしまうということも覚えておきましょう。

このように、基本的にはカンジダの90%が自己感染という経路で起きているのですが、残りの10%のことも忘れてはいけません。
これは主にパートナーとの性行為が該当し、自己感染の可能性が低い場合は相手からの感染経路を疑う必要があります。
カンジダを発症しているパートナーと性行為すると100%移されるというわけではありませんが、感染の可能性はかなり高くなるので注意しておきましょう。

カンジダ菌に感染して既に発症している相手と性行為を行った場合、直接相手の患部が自分の肌に触れてしまうため接触感染してしまう可能性があります。
性行為によって感染する可能性は約5%から10%とされており、10人に1人から20人に1人という割合になります。
確率は低いですが、ゼロではないため感染しないとは言い切れません。

仮に感染したとしても、自分の体力や免疫力が十分にある場合は発症する心配もありません。
ただ、カンジダ菌が性器に潜んでいれば、免疫力が低下した隙を狙って暴れ始める可能性が高いので、いつ発症してもおかしくないでしょう。
パートナーがカンジダを発症していることが分かっている場合は、念のため性行為を控えておいた方が安心です。

カンジダの感染をできるだけ予防するには

どうしても性行為をしたい場合は、行為後にしっかりと性器や身体を洗うようにしましょう。
男性の場合は性器が外部にあるため、仮にパートナーからカンジダ菌を移されたとしても簡単に洗い流して綺麗にすることができます。
ただ、どんなに綺麗に洗ったつもりでも、皮の内側や溝など洗いにくい部分にカンジダ菌が入り込んでいる可能性もあります。
100%発症を防げるという保証はないので、できれば性行為を避けた方が安心です。

また、性行為を行わなくても感染してしまう経路はあります。特に注意が必要なのが、家族で使いまわす洗面所のタオルです。
家族に発症している人がいる場合、手を洗った時に残っていた菌がタオルに付着し、それが自分の手にくっ付いて繁殖してしまう可能性があります。
お風呂などを共有しても感染することはありませんが、直接手や肌を触れるタオルは接触感染しやすいので気を付けておきましょう。

このようにカンジダの感染経路は様々なことが考えられますが、基本的には自己感染です。
性行為や接触によって感染するのは非常に稀なので、家族や恋人が発症していても過剰に心配しないようにしましょう。