ガンジダに感染してしまった
カンジダ症は主に女性に多い感染症の一つですが、男性にも感染する可能性が十分にあると言われています。特に男性は症状が現れにくく、パートナー女性にうつす確率もあります。カンジダ症について中心的に情報発信していきます。

中途半端なカンジダ治療は再発を招くことも

カンジダは、人の体の常在菌である「カンジダ」というカビ菌が原因で体にさまざまな症状が起こる病気です。
粘膜カンジダや皮膚カンジダなどがあり、特に女性の5人に一人は発症すると言われる膣カンジダの主な症状は、膣の内側や外陰部にかけての激しいかゆみや熱感、ヒリヒリと刺激を感じたり、カッテージチーズのような白いおりものが増えたりします。

カンジダはもともと健康な人でも保有しており、皮膚や性器の粘膜にも存在します。
普段は特に問題ありませんが、風邪などで体調が悪い時やストレス・過労で免疫力が落ちているときに異常に増殖し、私たちの体に悪影響を及ぼします。
妊娠中や糖尿病を患っている人は免疫力が落ちやすいので要注意です。

治療の説明をする医師また、女性は月経の前後も増殖しやすいので気をつけなくてはなりません。
もしもカンジダにかかってしまったときは、速やかに受診することで抗真菌剤などの適切な投薬を受け、治療することができます。

しかし、治療を中途半端にしておくと再発のおそれがあり、慢性化を招くことにもつながります。
症状が落ち着いたからと自己判断で薬をやめてしまったり、自宅で治せるだろうと通院しなかったりすると、わずかに残っていた菌が生活習慣の乱れや免疫力の低下などがきっかけで再び増殖しはじめ、カンジダを再発してしまうことがあります(再増殖)。

また女性の場合は、月経や性交で外陰部が不衛生になることで腸管にいるカンジダ菌が肛門から膣へと感染してしまうこともあります(再感染)。
だからと言って、お風呂で陰部を石鹸でゴシゴシ洗うのは実は逆効果です。
膣にはもともと膣内を清潔に保とうとする菌(デーデルライン桿菌)もいるため、過剰に洗うとその機能が失われてしまうからです。
治ったと思ってもまたあの症状に悩まされるということを繰り返すことも少なくありません。
完治するのが難しい病気だからこそ、ちょっとしたことでも日頃からの生活習慣を見直し、体調管理をしっかりすることでカンジダの再発を防ぐことが必要です。

カンジダの再発を防ぐには生活習慣から見直す

カンジダの再発を防ぐには、菌を増やさない環境にすること・感染しにくい体作りを心掛けることの2つが重要です。
そのためには生活習慣から見直すことが大事です。

まず、菌を増やさないためにできることは、清潔を保つことです。
特に陰部は蒸れやすいので、タイツやストッキングを避ける、ナプキンを布製に変える、おりものシートを利用しこまめに取り替える、蒸れにくく通気性のいい下着を身に着けることなどもおすすめです。
また、排便や性交で不衛生にならないよう気をつけたり、洗い流す際はゴシゴシと過剰に洗わないこともポイントです。

次にカンジダに感染しにくい体作りのためにできることは、免疫力を高めしっかりと体調管理を行うことです。
規則正しい食事や睡眠をとることはもちろんですが、より具体的には膣内を清潔に保つデーデルライン桿菌を優勢にするための乳酸菌を積極的に摂ることも有効です。
血糖値が高くなると体内の雑菌も増えることから、糖分や炭水化物を摂ると血糖値が上昇しカンジダも増えやすい環境になるので摂りすぎには注意が必要です。
また、薬剤では風邪の時などに処方される抗生物質も、悪い菌に効く半面、体にとって必要な菌も殺してしまうことになり、ステロイド剤の長期使用で免疫力が低下することにもつながるため、できるだけ使用しないようにします。
そのためにも普段からバランスのよい食事と十分な睡眠を心掛けることが大切です。

ストレスで体調が変化することもあるので、自分に合ったストレス解消法で発散したり、無理のない程度の運動を取り入れることもおすすめです。
カンジダを発症したら中途半端な治療をせずにしっかりと治療し、生活習慣を見直し再発させないようにしましょう。