ガンジダに感染してしまった
カンジダ症は主に女性に多い感染症の一つですが、男性にも感染する可能性が十分にあると言われています。特に男性は症状が現れにくく、パートナー女性にうつす確率もあります。カンジダ症について中心的に情報発信していきます。

口にも感染する口腔カンジダについて

カンジダ症は性病の中でも名前の知られている病気の1つですが、中にはその認識について間違っている人もいます。
そもそも、カンジダ症は性器にだけ感染するというものではありません。
カンジダの原因となるカビが繁殖する部位であれば、別のところでも発症のリスクが考えられることになります。

では、具体的にどの部位に発症する可能性があるのでしょうか。
それは口腔内です。
口腔内にカンジダの原因であるカビが入りこみ、そこで増殖していけば当然のことながら不快な症状を引き起こしていくことになります。

実は、カンジダの原因菌自体は体の中に常に存在しています。
通常であれば体に備わっている抵抗力、免疫力によって菌が増殖する前に食い止めることが出来ます。
ただ、これが疲労やストレスによって体調が万全ではない時には注意が必要になってきます。

それこそカビの増殖を食い止めることが出来ずに、そのまま感染を拡大してしまうことになります。
カンジダ症は体調の良し悪しによって症状のあらわれ方が変わってきます。
健康な状態であればさほど気にすることもありませんが、中には例外のケースもあるという点を押さえておくといいでしょう。

中には、体調が良ければカンジダに感染したとしても平気なのではと思われる人もいるかもしれませんが、これは危険な考え方です。
そもそも、カンジダ菌はしっかりと治療しない事にはその菌の増殖を防ぎきることが出来ません。
体調によって症状が治まったと思っていても、再びぶり返すことが十分に考えられるわけです。

こうした事態を避けるためにも、カンジダ症を発症した場合には早期発見、早期治療がカギとなっていきます。
特に、口腔カンジダ症の場合には性行為ではなく、キスでも感染が起こります。
自分が原因で周りの人間、恋人やパートナーに感染を広げないためにも早めに対処していくことが大切です。
疑わしい症状が実際にあらわれている人は早急に対処していくようにしましょう。

口腔カンジダが悪化した場合に併発する病気について

口腔カンジダ症を発症した場合、その症状はいくつかのケースに分かれることになります。
まず代表的な症状をあげるとすれば、偽膜性カンジダ症が挙げられます。
偽膜性カンジダ症になると、舌の表面に白色の苔のような膜が張ります。
この白色の苔以外に痛みや腫れなどの症状がないため、見過ごしてしまう人もいますがこの状態を放置するとさらに状態が深刻化していきます。

こうした偽膜性カンジダ症が悪化した場合には、萎縮性カンジダ症を併発していくことになります。
白色の苔部分がはがれ落ち、そこが赤くただれた状態になっていきます。
こうした萎縮性カンジダ症を発症してしまった場合には、患部に強い痛みが残り、普段の食事にも支障をきたすことになります。

下部分の症状が特に顕著だった場合、味覚障害が引き起こされることも考えられます。
もちろん、すべての人がこうした味覚に支障をきたすというわけではありませんが、口腔カンジダ症は放置して何も良いことはないという点は確かです。

カンジダ菌が口腔内だけでなく、他の器官にも感染していく恐れも出てくるため、症状が少しでもあらわれている時点で対処していくことが大切です。
そもそも、口腔カンジダ症に感染しない事が第一なのですが、そのためにはいくつかの予防策を徹底していく必要があります。

例えば、事前にカンジダ症の検査を受けて感染してるかどうかをチェックしていきます。
性行為に及ぶ可能性のある恋人やパートナーと一緒に検査を受けていくことによって、少なくとも自分の感染は予防することができます。

もしも感染が確認されたとしても、その時点で治療すればいいことですし、早期治療という事で状態が悪化する前に対処していくことが可能になってきます。