ガンジダに感染してしまった
カンジダ症は主に女性に多い感染症の一つですが、男性にも感染する可能性が十分にあると言われています。特に男性は症状が現れにくく、パートナー女性にうつす確率もあります。カンジダ症について中心的に情報発信していきます。

男性がカンジダに感染しても自然治癒することもある

カンジダは、誰にでも起こりうる病気です。
原因となるカンジダ菌は真菌のひとつで、健康な人の皮膚や粘膜に常在しています。
しかしながら、何らかの要因によってカンジダ菌が異常繁殖した場合、発症してしまいます。
症状は性器に症状があらわれることが多いのですが、男女問わず発症する可能性はあります。

しかしながら、患者で多いのは圧倒的に女性です。
病気や寝不足などで免疫力が低下しているときや、抗生物質を使用することで常在菌のバランスが崩れたりした場合に発症しやすいのですが、妊娠時などのホルモンバランスが変化した時にも起こりやすいです。
また、女性の場合、膣や外陰部に症状があらわれます。
女性器は中にあり、常に下着で覆われている部分なので、菌が繁殖しやすいといえます。
治療法は、膣錠や軟膏を使用します。

男性もカンジダ症になる可能性はあります。女性と同じく免疫力が低下していたりする場合です。
また、カンジダ症の女性と性行為をすることで感染することもあります。
男性が発症した場合の症状は亀頭や包皮部分に症状があらわれるのですが、男性の場合は性器が露出しており、通気性がよく、菌が繁殖しにくい環境にあります。
カンジダが治った男性発症しても気づかなかったり、放置しておいても自然治癒してしまうことも多いです。
ただ、男性が性行為によって感染したとき、男性の体調が悪い、ということであれば発症する可能性が高まります。
強い炎症を伴う症状が出ると治りにくくなります。
また、逆にカンジダの症状が出ているときに性行為をすると、女性側にうつしてしまうこともあります。

このように、男性はカンジダ症を発症しにくく、もしかかっても症状が軽く、自覚症状がないうちに治ってしまったり、放置していても自然治癒することが多いです。
しかしながら、かゆみや炎症、排尿痛などの強い症状が出ているのに放置してしまうと、なかなか治らなかったり、感染させてしまうこともあるので注意しましょう。

カンジダの潜伏期間はどれくらい?

結論からいえば、はっきりとした日数はいえません。
潜伏期間とは、感染してから発症するまでの期間を指しますが、カンジダは菌は真菌なので、常に体に常在しています。
常在しているカンジダ菌の潜伏期間を特定するのは、なかなか難しいといえます。
発症していなくても、すでにカンジダ菌を持っている人がいるからです。

ただ、病気をした後や抗生物質の服用によって常在菌のバランスが崩れた、性行為によって感染した可能性があるという場合は、原因が特定しやすいです。
その場合は、男女ともに1~7日ほどの潜伏期間だといわれています。
女性の場合、カンジダは人から感染することがほとんどなく、潜伏期間ははっきりといえないのですが、菌が増える環境が揃えば数日で症状が出ます。
男性も自然治癒する可能性があるものの、菌が増える環境が揃っていれば数日で症状が出ます。
もちろん、性行為などで感染したとしても、さまざまな要因で発症する可能性があるため、感染した時期まで特定するのは難しいといえます。

女性の場合は強いかゆみ、白いカッテージチーズのようなおりものが特徴です。
男性の場合は、亀頭や包皮にかゆみが出ます。
白いカスが包皮に付着するようになり、赤くなってかゆくなります。
ひどくなるとまれに排尿痛や尿道炎が起こることもあります。
包茎の人は、菌が繁殖しやすい環境が作られやすく、確率が高くなるので気を付けましょう。
これらの症状があらわれた場合は、すぐに病院を受診することがおすすめです。
また、カンジダ症はいつ、だれが発症してもおかしくない病気です。
特別な病気ではありません。
性器部分の症状なので恥ずかしいという人も多いですが、気になる場合は、病院で検査をしてもらうと安心です。