ガンジダに感染してしまった
カンジダ症は主に女性に多い感染症の一つですが、男性にも感染する可能性が十分にあると言われています。特に男性は症状が現れにくく、パートナー女性にうつす確率もあります。カンジダ症について中心的に情報発信していきます。

男性の性器カンジダ症の治療は手術が必要?

カンジダ症は性感染症のひとつで、カンジダ菌が増殖することで発生します。
ただしカンジダ菌は日和見感染であるため、健康であれば普段は症状は出ませんが体調不良や疲れ、ストレスなどの免疫力の低下によって症状が発生します。
カンジダ症は男性も女性も感染しますが、特に感染率が高いのが女性です。
男性も感染しますが、性器の構造上からすると女性の方が多く見られます。

女性のカンジダ症の場合には膣内で発生します。
カンジダ菌そのものは高温多湿となり、また清潔が保ちにくい場所で増殖しますが、女性器の周辺はそのような環境であるため発症しやすい性病になります。
一方で男性の場合は女性とは事情が異なります。
男性器の場合には体外に露出しているため、高温多湿にならないようにしやすいです。
このため、患部を清潔にして安静を保って免疫力を高めることで症状の発生を防ぐことができます。
このため基本的にはカンジダ症の治療は、カンジダ菌の増殖を抑えて体調を整えることでも行えます。

一方で男性器でも包茎の場合にはやや異なります。
包茎とは包皮が亀頭に被っている状態のことです。
このような状態の場合には亀頭部分が高温多湿の状態で、女性器の膣と同じような環境になりカンジダ菌の増殖がしやすい状態になります。
このため包茎ではない状態と比べるとカンジダ菌への感染率が高いとされます。
また完治しても再び症状が出やすくなるといったリスクもあります。
これらは反証されていませんが、少なくとも清潔にすることで感染率は下げることができます。
このようなことから包茎を治すことも間接的にカンジダ症の治療をすることになります。

特に完治を目指す場合には包茎を治すことが重要ですし、カンジダ菌の増殖を抑えることによってパートナーへの感染リスクを下げることができるメリットがあります。
包茎を治すためにはいくつかの方法がありますが、もっとも早く治すことのできる方法の一つに包茎手術があります。

包茎治療にかかる費用や術後の経過について

カンジダ症を治療する目的で行う場合に注意すべきことは必ずしも完治できるという反証がないことで、手術によって包茎を治してもカンジダが治るとは限りませんからリスクといえます。

包茎手術の基本は余っている包皮を切除することで亀頭が露出した状態にするというものです。
包茎手術は真性包茎やカントン包茎など治療の必要性のあるものに関しては健康保険が適用されますが、それ以外の手術は健康保険が使えず全額自己負担になります。

手術の費用は相場としては15万円から20万円ですが、5万円程度で行っているところもあります。
クリニックは泌尿器科や男性器関連の美容整形を行うクリニックで行うことができますが、泌尿器科の一般病院では仕上がりに満足できないリスクがあるので、美容整形クリニックを選ぶ方が安心です。
また美容整形クリニックであれば仕上がりに配慮した豊富な手術方法があるので選択肢も豊富です。

手術そのものは簡単なもので麻酔をして行いますから痛みもありません。
術後も鎮痛薬によって痛みを抑えることになりますが、皮膚を切除する手術であるため鎮痛薬が切れると相応の痛みが発生します。
このため鎮痛薬ははやめに服用した方が痛みを避けることができます。
また入院は不要で日帰りが可能です。

基本的には皮膚を切除するため腫れることになりますが、ダウンタイムとしては1週間程度は掛かります。
縫合した糸を取り除く抜糸も1週間後程度後に行うことになります。
手術の傷跡に関しては手術の方法や医師の技量によって変わってきますが、未熟な医師の場合には傷跡が目立つリスクがあります。
なお、包茎手術そのものは痛みを感じずに行うことができますが、亀頭が露出するため刺激に慣れるまで一定の時間が掛かります。